2004年12月生まれ。
生まれて一週間で肌に異変が表れ、生後2ヶ月でアトピーと診断。
有名アレルギー科を紹介されるが薬がかわるだけの状態に嫌気をさし、
6ヶ月から薬に頼らない根本療法を決意。


おかげさまで現在ほとんど綺麗になりました。

>>写真UPしました<<


※ご存知ですか?

子供は生後9ヶ月ごろからお母さんから貰った免疫がほとんどなくなり、
病気にかかりやすくなります。
ですが、じょじょに子ども自身の体に抵抗力が備わり、
14歳ごろに免疫力が完成すると言われています。

この期間に薬を多用すると本来備わるはずの免疫力も薬によって抑えられ
大人になっても健康になんらかの問題を抱えてしまう場合があります。

できるだけ、病院や薬に頼ることなく育ててあげたい。
どのお母さんもそう考えていらっしゃることでしょう。
そのお手伝いが出来る子育てについてや
カラダに優しい生活を提案できたらいいなと思っています。

2006年04月18日

電子レンジは危険です

電子レンジは電磁波と食品の二つの面があります。
電子レンジはマイクロ波で調理をします。
これは、食品の細胞を振動させて熱を起こしてるわけですが、
ロシアでは人体に有害という理由で国で使用を禁止されています。

ロシアでは1957年から現在まで主に、マイクロ波研究はベラル−シのクリンスク(klinsk)にある無線技術研究所で行なわれてきました。米国の研究者ウィリアム・コップ(William Kopp)によれば、ロシア法医学チ−ムは電子レンジの人体への影響を以下のようにみています。

(1)電子レンジで調理された食物を食べた人は統計学的に胃がんや腸がんなりやすいし、末梢細胞組織の変質や消化機能および排泄機能がだんだん悪化する。

(2)食物の中身の物質の化学変化やリンパ組織内に起こった機能不全により、腫瘍やがんの成長から身体を守る免疫能力を退化させるためだ。

(3)マイクロ波を浴びると食物の栄養価が著しく減ることが研究結果として出ているし、さらに重要なことはビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・必須ミネラル・抗脂肪性栄養物(病的蓄積脂肪を防ぐ物質)の生物学的利用能を減じてしまう。

(4)加熱した肉は人間が活動する上で有効に作用するが、マイクロ波調理した肉はがん促進因子「d−ニトロソジサノラミン」を増加させる。

(5)がん誘発の血管基(tree radicals)は特定の微量ミネラルや植物成分の分子構造内で形成された。とくに生の根菜類でより形成された。

(6)電子レンジで調理された食物を食べると血清内のがん細胞が増殖した。

(7)電子レンジで調理された食物は本質的に食物内の物質構成を変える。そのため消化器系統に障害をもたらす。

以上のことから、ロシアでは1976年に電子レンジは使用が禁止されました

電磁波研会報・第27号より引用


調理の際に電子レンジを活用すると時間短縮ができ、後片付けも楽ですが、子供の健康を考えるなら使うべきではないとあたしは考えます。うちには電子レンジはありませんが、慣れれば調理もそんなに面倒じゃないですよ。
ちなみに、炊飯器もない家です。ご飯は鍋で炊く。
posted by さちゃらん at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 食事は大切だ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして(^^)
お子さんのアトピー体験も、ご自身の体験にも、いい結果でてるんですね〜(^^)
私は、仕事で外食なども多いのですが、やっぱり良くないのでしょうね。
電子レンジは、電磁波が良くない っていうのはよく聞いていましたが、マイクロ波がこんなに影響を及ぼしているなんて、全く知りませんでした。
やっぱり、昔ながらの食事、調理方法がいいんでしょうね(^^)
世の中、便利になるように企業は便利さを追求してきた結果が、今の環境ですもんね。そして、少しずつ体を蝕んでいく(-_-;)
勉強になりました。
ありがとうございました\(^o^)/


Posted by nobu007 at 2007年03月16日 00:23
>以上のことから、ロシアでは1976年に電子レンジは使用が禁止されました
ではこちらをご覧ください。
1983年のロシア(ソ連)の家電カタログとなります。
http://statehistory.ru/4275/Katalog-tovarov-narodnogo-potrebleniya--1983-g-/
ちょうど真ん中くらいに映っているのは、
こちらで紹介されている、1990年の国産電子レンジと極めて近い外見の、これまた電子レンジとなっております。
https://www.favor.com.ua/ru/article/12567.html
Posted by WWW at 2017年04月05日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16735885
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。